DetonatioN Gaming
2013.08.18

【LoL】JCG プレミアリーグ Season2 決勝トーナメント レポート

JCGプレミアリーグ準決勝 DetFM VS O2 2セットを連取し、
DetonatioN FMが勝利を収め、9月1日に行われるJCGプレミアリーグSeason2決勝に進出決定しました!

さらなる飛躍を期待します!

試合結果詳細

DetonatioN-FM Object Oriented [O2]
PresidentMaa, gorira13, ceros, Yutapon, Anelace alleycats, Astarore, BonziN, LQ, yutorimoyashi

試合結果

FM vs O2のチャンピオン構成としてTeam全体で何が重要なのかという事を少し記事にしたいと思います。

第1戦目、試合展開を左右する可能性が強い鍵となるチャンピオンはKassadinではないかと考えました。

その理由は、Corki・Kog’Maw共にどちらもHPが高いチャンピオンでは無く、瞬間最大ダメージつまりバーストを出せるチャンピオンがFM側にピックされていないという点です。

少しでもKassadinが育てば[ ULT→Q→E ]のコンビネーションでかなりのダメージを出され、DPSを出せないHPにされてしまいますし、追撃の手段を持つMalphiteがいるという点でも、Kassadinが育てば育つ程「O2」Teamの方が有利に進む構成ではないかと思いました。

しかし、実際のゲームではMIDのCeros選手[Corki]がyutorimoyasi選手[Kassadin]をレーンで拘束した上にほとんど育てさせなかったというのが後半になればなるほど響いてしまったようです。

もう一つFMにとって好条件となった点として上げられるのが、敵であるLQ選手[Nasus]のGank(ガンク)が次々と決まるのですが、その都度Nasusにキルが集まった、という事でしょう。
NasusはあくまでCarryJungler(キャリージャングラー)ではなく、SupportJungler(サポートジャングラー)なので、FMチームの脅威になり得なかった、というのはある意味ラッキーだったと言えると思います。

試合展開のキーとしては2回目のドラゴンバトルだと思いました。
O2側が5人でドラゴンを倒した際、リコールさせないように戦闘を仕掛け、その間にGorira13選手[Aatrox]TがTOPレーンで2本のタワーを連続して折りました。
これによりこの時点でお金差が約2k(gold)。
両チーム共に全員一度リコールをはさんでアイテムを買い直すのですが、その際KassadinがAPアイテムを完成しきれない状態だった為、結局火力が出せず。集団戦において、FMが有利な当たりとなりました。

今回の試合、次の試合にも同様のことが言えるのですが、Buff(バフ)の管理についてはかなり意識が高いと感じました。
Maa選手[Jungler]に後から聞いた話しでは、「バフの管理は当たり前ですが、チームRampageに負けてからより強く意識をしています」との事でした。

試合結果

続いて2戦目。

2戦目はFMの得意な形で試合展開ができたと感じました。

Lv1で相手のジャングルに入っていく展開は過去の試合でも行っているのですが、今回もその作戦が上手く決まりました。

結果として、相手チームJunglerのLQ選手[Nasus]がリコールせざる終えない状況になったのに対し、Maa選手[Elise]はリコールせずにRed[Buff]を開始できました。これにより、序盤のジャングル速度が明らかに違ってしまった事が分かると思います。

次に試合時間20分を経過した時点のLv差を見てください。最終的にMID・TOPのLv差は3もついています。
これはプロの試合でも見るやり方(Zedが全盛期の時にはよく見られたスタイル)で、どのレーンにおいても最初のタワーを折った後(この試合であればTOP)、MIDのチャンピオンをTOPに回して1v1を行います。そうなると、Lv差に加えて自陣のタワーがある為、ゾーニング(レーンをコントロールし、相手に経験値を与えない立ち回り)気味にファーム(Fram)を行う事が出来るようになります。

まさに今回の戦いは、これをうまく活用してLv差を作ったナイスゲームと言えると思います。

唯一のミスとしてはMIDのタワーを先に折られてしまった事だけだと考えます。

ライター: eyes1015 [LoL実況]