LEAGUE OF LEGENDS
2016.03.30

【ご報告】DFM所属韓国人選手への興行ビザ基準省令3号の発行について

DFM Eternal [viviD] 選手
DFM Eternal [viviD] 選手
DFM Catch選手
DFM Catch選手

世界で最も人気のあるオンラインゲーム『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド』のプロ選手であるDetonatioN FocusMe所属、DFM Eternal選手(HAN KI HOON)、並びにDFM Catch選手(YOUN SANGHO)に対し、東京入国管理局より正式に興行ビザ基準省令3号を発行頂き、取得したことをこの場を借りて発表させて頂きます。

* photo©2016 Riot Games.

興行ビザ基準省令3号とは

日本のプロ野球やプロサッカーなどの大会で、外国人選手が試合に参加する為に与えられるビザなどを指し、一般的にアスリートビザとも呼ばれております。
ビザの残留期間は「15日」「3か月」「6ヶ月」「12ヶ月」とありますが、今回、LJLの長いリーグに出場する為に「6ヶ月」の残留期間を認めて貰いました。

これは日本がプロゲーマーをアスリートとして認めた歴史的な瞬間であります。

 

DetonatioiN Gaming代表 梅崎 伸幸より

今回アスリートビザ発行にご尽力頂きましたオンライン議員連盟、並びに日本オンラインゲーム協会の皆さまには、多大なご協力を頂きましたことを深く御礼申し上げます。

世界では1億人以上のeスポーツプレイヤーがおります。
日本はアメリカ、EU、韓国、中国、台湾といったeスポーツ先進国に2歩も3歩も遅れている状況ですが、eスポーツがオリンピック競技になるという声も出てくる中、ようやく日本でもeスポーツの理解を得られはじめ、これから市場が大きく成長していくかと思います。

Jリーグ創世期にそうであったように、海外の実力に追いつき追い越す為に、世界最高峰のリーグを経験したプロ選手を招聘することで、彼から技術を学び、日本全体のレベルの底上げをすることができるようになりました。

我々が道を切り開いたことにより、今後日本全体のレベルがアップし、日本国内においてプロゲーマーの地位向上と、職業としての確立がより一層加速するものだと思っております。

2016.3.30 Sun-Gence & DetonatioN Gaming
Umezaki, Nobuyuki

民進党所属衆議院議員松原仁氏(左)公明党所属衆議院議員漆原良夫氏(右)とDFM両選手(Eternal/Catch)・梅崎代表
民進党所属衆議院議員・松原仁氏(左) 公明党所属衆議院議員・漆原良夫氏(右)とDFM両選手・梅崎代表
関連リンク