DetonatioN GamingSTARCRAFTII
2014.07.14

[SC2] JCGマスターリーグ Season1 CriMsoN選手優勝!

JCG Starcraft2
先日7月13日に行われました、JCGマスターリーグ Season1 決勝トーナメントの結果をお知らせいたします。

惜しくも先週兄弟対決を下し、決勝進出を決めたCriMsoN選手。
今回の決勝の相手は因縁なりやt1選手[Terran]!

【JCG SC2】国内最大級ゲーム大会! Starcraft2 マスタークラス 決勝戦

Protoss vs Terranとなった決勝戦、BO5。
先手をt1選手に取られ、この後の展開に一抹の不安を残すCriMsoN選手[Protoss]でしたが、続く2・3セットを連取。
このままWinning-Runとなるかと思いきや、4セット目をt1選手がもぎ取り、優勝の行方は最終戦へ持ち越されました。

最後のマップはHabitation Station LE。
両選手共に序盤からしっかり視界を確保しながら、意外にもオーソドックスオーダーを選択。
繊細な偵察と進軍を繰り返し、勝負への駆け引きを魅せるCriMsoN選手。

中盤、ハラス(Drop)と防衛をくり返す両選手。
t1選手のマルチタスクによる攻撃が繰り返されます。針の穴を通すような精細な攻撃に、振り回されているかのように見えたCriMsoN選手ですが、最速ユニット”フェニックス”にて迎撃。さらに偵察を繰り返し、攻めへ転じるチャンスを伺います。
サードベースにいち早く着手したのはTerran、t1選手。
資源とユニットに差が出来はじめていました。

一旦内政を固める両選手でしたが、再びt1選手が攻撃を開始。
CriMsoN選手はこれを一旦退け、資源差を詰めます。
直後、再び攻めに転じるt1選手。
CriMsoN選手は自陣でこれを受け、お互いがユニットを釣りだしながら削り合いの戦いが始まります。
CriMsoN選手はアップグレードを重ねたユニットで徐々に優位を形成し、ユニット数で上回る形に。

photo_jcg_sc2_0713

両軍共にこう着状態が続く5セット目。
再びProtossのベースへ仕掛けるt1選手。その破壊に成功したかと思いきや、CriMsoN選手から手痛い反撃を貰い、軍隊は半壊状態に。
ようやく相手の陣地へハラスに向かうCriMsoN選手。これをカウンターとし、逆転を狙うt1選手でしたが、資源差は徐々に大差を広げ、CriMsoN選手優位に。

最後はCriMsoN選手が丁寧なユニット処理を魅せ、JCGマスターリーグ Season1の優勝を決めました。

DayCraft#4に続くJCG優勝、兄貴CriMsoN選手、おめでとうございます!