LEAGUE OF LEGENDS
2014.06.03

【LoL】LJ. League Spring Season 悲願の優勝!

L.J League Spring Season

度重なるロールチェンジ、そしてメンバーの変更。
自分たちの力を模索し続ける中で迷い、ぶつかり、明確な答えを出せないままに懸命に挑んだL.J League。

そして6月1日に最終日を迎えたL.J League Spring Season。
彼がたどり着いた結果はついに「優勝」の2文字と成りました。

写真:DetonatioN FocusMeメンバー

シーズン序盤から無敗という破竹の勢いで駆け上がるFocusMeでしたが、敵は四強。
中盤以後Ozone Rampage, RascalJesterに連敗を許す形となり、シーズン優勝はついに最終戦にまでもつれ込みました。

「今日はなんだか嫌な予感がする。」と試合前に話していたYutapon選手。
チームとして密度が高い戦略を見せるRascalJesterに対して、1勝でもできればDetonatioN FocusMeの優勝は決定します。
逆に2勝を奪われれば逆転負けに追い込まれるというこの最終は、それぞれの選手たちにとって非常に緊張感の高いものとなりました。

写真:DetonatioN FocusMe

1戦目が始まる直前。
マネージャー・LGraNより声が掛り、円陣を組むFocusMe選手。
「優勝するぞー!」「オーゥっ!」「よっしゃ、行ってこーい!」

「奇跡を起こす」というRascalJesterに対し、「奇跡の可能性を潰すプレイをする」と宣言したRiosilva選手。
今季の目標をセーフプレイとしながらも、あまりにセーフ過ぎるFocusMeのその戦い方は、すでに対策がされており、勝機を逃すこともありましが、最終戦でその集大成を皆さんにお見せすることが出来ました。
相手の度重なるミスを確実に拾い上げ、何と1試合の中で3回のAceを決め、勝利することが出来ました!

続く2戦目。

FocusMeのChampionPickはファンサービスに近いものがありましたが、実はあの時、選手みんなが完全に
力尽きており、その中でやれる作戦を考えた時にかろうじて「自分が得意なChampionをやろう」という言葉だけが交わされたそうです。
(※ただしRiosilva選手のVladについては、Tankがいないという理由で却下されたとのこと。)

この時のことを、後から選手たちに聞いてみましたが…やはり1戦目で何もかも出しつくし、2戦目は「完全に集中力が切れました」「燃え尽きていました」というコメントがありました。

【Logicool G】LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE Spring Season 最終戦【Vプリカ】

すべてを背負った極度の一戦。
見逃した皆様もぜひ、タイムシフトにてご覧ください。

今年1月から始まったL.J League。
実はすでにRascalJesterのGrandChampionship出場が決まっています。
次に始まるSummer Seasonが残りの一枠を決定するラストチャンスとなります。
また、今季の優勝で、韓国リーグ・NLB(NiceGameTV League of Legends Battle)への出場権を得ることが出来ました。

Springでの勝利をしっかり踏みしめ、DetonatioN FocusMe、次なる勝利に向けて歩き出します!
皆さん、彼らのこれからの軌跡を、どうぞ応援ください!

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));